人工炭酸泉

「炭酸温浴」という、幸せ。

リラクゼーションと健やかな毎日のために、上質なバスタイムを求めるすべての方へ。
ご自宅でたっぷりの炭酸泉に入ることができるソーダバス(Soda bath)が、ついに誕生しました。入浴の新しい習慣「炭酸温泉」を、いつでもゆったり、お楽しみください。

じんわり、ポカポカ「炭酸温泉」

「炭酸温泉」は、高濃度の炭酸ガスが溶けた“炭酸泉”にゆっくりとつかるいま注目の入浴法。シュワーっとこまかな泡が肌をつつみポカポカが長くつづきます。
ヨーロッパでは19世紀半ばから、この炭酸泉での入浴療法が盛んにおこなわれ、また日本でも温浴施設のほか、医療や介護の施設などでの人工炭酸泉の利用が広がっています。

高濃度炭酸温泉をご家庭で

これまで、お湯に炭酸ガスを高濃度で溶かし込むことは困難とされてきました。
三菱レイヨンは長年の炭酸泉研究と最新技術により、1,000ppm以上の高濃度炭酸泉をつくることに成功。
世界初の技術が、ソーダバスの心臓部(Soda Spa Generator(ソーダ スパ ジェネレーター))に結集されています。

炭酸泉とは

炭酸ガスが溶け込んだお湯のこと。
1Lの湯に炭酸ガスが1g(1,000ppm)以上溶けたものは特に効果が高いといわれ、療養に利用されています。体への負担が少ないぬるめの温度(37〜40℃)で長湯するのがおすすめ。
また炭酸泉は健康な素肌と同じ弱酸性で、湯上りはなめらかで潤いのある肌を実感できます。
※体感は個人差等により異なることがあります。

様々な分野での利用が期待される高濃度炭酸温泉

炭酸ガスはヒトの体の中で代謝産物(細胞の排出物)として存在しているごくありふれた物質ですが、体の中ではいろいろな作用も持っていることがわかってきています。 一方、炭酸ガスは皮膚から体の中に容易に入り込むことのできる数少ない物質でもあり、この作用と性質をうまく利用するのが炭酸浴です。
温泉の基準と同じように、炭酸ガスが1,000ppm以上に溶けたものを、高濃度炭酸泉といい、現在さまざまな分野でこれを利用する研究が進められています。

お問い合わせ
 ページの先頭へ